口座振替が利用可能な光コラボレーション事業者のサービス

【この記事の所要時間:約 5 分】

インターネットを利用するには毎月決まった料金を事業者に対して支払う必要があります。

そうした毎月固定された料金の支払方法としては「クレジットカード」「口座振替」が一般的ですが、光コラボを利用する場合、事業者によってはクレジットカードしか使用できない場合もあります。

とはいえ人によっては「現金主義でクレジットカードは利用したくない」「クレジットカードは持っていない」などの理由でクレジットカード払いを選択できないケースもあるかと思います。

そこでこの記事では、クレジットカードがなくても利用可能な口座振替に対応している主な光コラボレーション事業者のサービスについてまとめました。

 

スポンサーリンク

利用料金を口座振替で支払いが可能な光コラボ

上述したように、光コラボレーション事業者の中にはクレジットカード払いのみしか扱っていない事業者(エキサイト光・IIJmioひかりなど)もありますが、利用者の多い携帯電話キャリアや大手プロバイダが提供するサービスには口座振替に対応しているところが多いです。

ただし口座振替には手数料が掛かるなど、基本的にクレジットカード払いのほうがお得になるということもあるため、その点も含めてあらかじめ注意しておくと良いかもしれません。

それでは、それを踏まえて、以下に口座振替に対応しているサービスにはどのようなものがあるか、また口座振替を利用するにあたって注意しておきたい点を挙げていきます。

 

ドコモ光

ドコモ光は、取扱対象となっている都市銀行・地方銀行・ネット銀行などでの口座振替による支払いが可能となっています。

もしドコモ光にペア回線を設定していれば携帯電話の利用料金とまとめて支払うことができますが、設定しない場合でも引き落としする口座を設定して口座振替による支払いが可能になります。

ペア回線を設定せず、新たに口座振替を設定するという場合には、申し込み時に「キャッシュカード」もしくは「預金通帳と届出印」を持参して手続きする必要があります。

なお、引き落としされる利用料金はeビリングで確認することができますが、もし「口座振替のご案内」(紙での請求書)の発行を希望する場合には手数料(50円)が掛かることに注意が必要です。

ただし、キャッシュカードのみでの手続きは銀行によってできない場合もあります。また手続きが完了するまでの間は請求書による支払いが必要となります。

なお、ドコモ光タイプA・Bプランを利用する場合にはプロバイダ料込みの料金がドコモから請求されることになりますが、プロバイダが提供しているオプションサービスを利用する場合には、その分の料金はプロバイダから別に請求されます。

 

 

OCN光

OCN光(およびドコモ光タイプBプランのオプション料金)は、NTTコミュニケーションズからの請求による口座振替が利用可能です。

(手続完了までは振り込み用紙による支払いが必要になります)

なお、利用金額はOCNから送られてくるメール通知により確認することができます。

また「口座振替のお知らせ」の郵送を希望する場合には発行手数料(税込108円)が掛かります。

 

 

@nifty光

@nifty光も口座振替による支払いを選ぶことが可能となっています。

ただし、口座振替決済管理手数料として200円が必要とされています。

また、料金は引き落とし前に届くniftyから送信されるメール通知で確認可能ですが、紙媒体の郵送を希望する場合には120円の手数料が掛かります。

また口座振替ができなかった場合などに請求書で支払う場合には、再請求手数料(200円)が必要とされているため、併せて注意しておくと良いかもしれません。

 

 

SoftBank光

SoftBank光は金融機関からの口座振替が可能となっています。

また、他にも「携帯電話との合算支払い(おうち割 光セットを利用している場合)」や「ソフトバンクまとめて請求」、もしくは「Yahoo!JAPAN指定銀行」からの引き落としが可能になっています。

 

 

ビッグローブ光

BIGLOBEでも口座振替やゆうちょ銀行での自動振込による支払いを選択ことが可能になっていますが、この場合には手数料として1回につき200円が掛かります。

なお、利用料金の金額についてはマイページから確認することができるようになっています。

 

 

So-net光コラボレーション

Webまたは申込書による手続きでSo-netの口座振替サービスを利用することができます。

ただし、この場合には口座振替手数料として200円が必要です。

(もし利用明細の発行を希望する場合には口座振替手数料を含めて300円が必要となります)

なお、利用料金はマイページから確認することが可能になっています。

 

 

ぷらら光

指定した金融機関からの口座振替が可能とされています。

利用するためには口座振替依頼書への記入・押印が必要となります。

 

 

まとめ

以上、口座振替が可能とされている主な光コラボレーション事業者についてまとめました。

クレジットカード払いにしか対応していないサービスも中にはありますが、相対的に見て口座振替も利用可能なサービスのほうが多くあります。

そのため、クレジットカードを利用したくない場合でもそれらのサービスから選んで利用することが可能です。

また、事業者からの請求による口座振替以外にも、オプションとインターネットの請求が分かれる場合にはフレッツまるごと支払いや合算請求でまとめて支払える場合もあるため、支払いが数か所にわたる場合にはそうしたサービスを利用すると便利かもしれません。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング