スポンサーリンク

定額サービス

ドコモ光には、NTT東西の光回線卸を利用した「タイプA・タイプB・単独プラン」がありますが、それに加えてCATV事業者の光卸を利用した「タイプCプラン」も提供されています。

タイプCプランについては、サービスを提供するCA ...

解約にあたっての注意点

光コラボの契約では、「最低利用期間が2年間」「24ヶ月間の利用を前提とした定期契約」といったように、2年間が契約においての一つの区切りとなっている場合が多くあります。

といっても、必ずしもその期間が満了するまで利用を継続す ...

その他 参考情報

光コラボは光回線とプロバイダがセットになっており、なお且つ2年・3年などの定期契約になっているケースが多いです。

しかしながら、そうした契約期間の縛りがあると解約する時期が限定されることになるため、あらかじめ縛りのないサー ...

スポンサーリンク

転用

フレッツ光の契約から光コラボに転用するにあたっては、ほとんどのケースにおいて「月々の料金が安くなる」「光回線とプロバイダ契約を一つにまとめられる」といったメリットを得ることができるようになります。

ただし、上記のような料金 ...

その他 参考情報

ドコモ光はドコモの携帯電話とのセット割を適用して、インターネットと携帯電話料金を総合的に安くすることができるというところが大きなメリットの一つです。

そのため、基本的にはドコモ光とドコモの携帯電話回線を組み合わせて利用して ...

その他 参考情報

「セット割を利用して携帯料金を安くしたい」といった理由で、光コラボから他の光コラボに乗り換えをする(もしくは乗り換えを検討する)ケースは意外と多くあるようです。

ただし、セット割で月額料金を安くしたいとはいっても、光コラボ ...

スポンサーリンク