業界最安値の光コラボサービス「enひかり」サービスの特徴

2022年7月31日

【この記事の所要時間:約 10 分】

光コラボレーションに関するサイトの管理人である私が最もお勧めするが、株式会社縁人が提供する「enひかり」です。

「enひかり」は、業界最安値を実現した光コラボレーションサービスとして、業界人気が高まってきています。

光コラボレーションサービスを利用するならば、その価格は重要ではないでしょうか。

早速、「enひかり」ひかりの提供会社、サービス内容について見ていきましょう!

enひかりとは

株式会社縁人(えんじん)がNTTの光コラボレーションとして提供するのが、「enひかり」です。

インターネット光回線を「シンプルに安く」をモットーに、業界最安値水準を実現したものとなります。

NTT東日本・NTT西日本の光コラボレーションモデルのため、フレッツ光を利用中のお客様は、お使いの回線をそのまま継続して利用することができます。

工事や機器の取り換えもなく、電話一本で業界最安値の料金に変更できます。

新規契約の方だけでなく、フレッツ光を契約している方にもおすすめです。

enひかりのメリット3つのなし

契約期間のしばり

契約期間の縛りはありません。

解約金・違約金のしばり

解約金・違約金のしばりはありません。

複雑なキャンペーン

複雑なキャンペーンはありません。

enひかりの費用

初期費用

事務手数料

新規申し込み 3,300円(税込み)
※現在NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光をご利用でない方が、新たに「enひかり」を申込まれることを「新規」といいます。

転用申し込み 2,200円(税込み)
※現在NTT東日本・NTT西日本の提供しているフレッツ光をご利用のお客さまが、「enひかり」およびオプションサービス(enひかり電話、enひかりリモートサポート、enひかりテレビ等)に契約変更することを「転用」といいます。

新規工事費用

無派遣工事 2,200円(税込)
訪問工事あり、屋内配線新設なし 8,360円(税込)
訪問工事あり、屋内配線新設あり 16,500円(税込)

※建物の状況により異なります。

月々の費用

マンションタイプ 3,200円/月(税込み3,520円)
戸建てタイプ※ 4,200円/月(税込み4,620円)

※NTT東日本エリア:戸建て住宅や4世帯未満のアパートやマンションにお住まいの方、NTT西日本エリア:戸建て住宅や6世帯未満のアパートやマンションにお住まいの方が上記戸建てにタイプの料金に該当します。

インターネットのみであれば、この費用だけで利用できます。月額料金が業界最安値大きなメリットです。比較した際にひと目で安いのがわかりますし、わかりやすい料金体系で安心できます。

enひかり「勝手に割り」

「勝手に割り」は、enひかりが勝手に応援する格安スマホ・格安プラン等、enひかりが勝手に決めた対象のサービスをご利用のenひかりユーザーに対し、対象サービスの提供元には勝手にenひかりのご利用料金を割り引く、enひかりの割引サービスです。
enひかりのご利用プランにかかわらず、適用条件を満たしたすべてのenひかりユーザー様が適用可能です。

対象ユーザーは以下の通りです。

  • KDDI株式会社が提供する「 UQ mobile 」をご利用のenひかりユーザー様
  • 株式会社NTTドコモが提供する「 ahamo 」をご利用のenひかりユーザー様
  • KDDI株式会社が提供する「 povo 」をご利用のenひかりユーザー様

「勝手に割り」適用後のenひかり月額料金は、以下の通りになります。enひかりの月額料金から100円引きとなります。

enひかりマンションタイプ3,100円(税込み3,410円)
enひかり戸建てタイプ4,100円(税込み4,510円)

*「UQ mobile」及び「povo」は、KDDI株式会社の登録商標(または商標)です。
*「ahamo」は、株式会社NTTドコモの登録商標(または商標)です。

念のため適用条件を示します。

適用条件
①enひかり契約者様又は同居のご家族のご名義で対象サービスの契約があり、enひかりカスタマーセンターへ「勝手に割り」の申請を頂いた方。
②enひかりカスタマーセンターより、対象サービスとのご契約が確認できる資料の提示を求められた場合に都度提示頂ける方。
③対象サービスのご契約が無くなった場合、1ヶ月以内にenひかりにお申し出頂くことをお約束頂ける方。

もともと、業界最安値の月額料金ですが、対象サービス契約者はさらに安くなるというのは、大変ありがたいですね。

enひかりの回線速度

回線速度は、1ギガ(1000メガ)です。NTT東日本・NTT西日本の光回線を使用するため、安定した高速通信が可能です。

enひかりの電話サービス

国内通話 8.8円/3分(税込み)

enひかり電話 基本プラン 550円/月(税込み)

※ひかり電話ご利用には、ひかり電話対応機器利用料200円が別途かかります。

enひかりのオプションサービス

enひかりリモートサポート

550円/月(税込み)で、パソコンに関するお困りごとを電話や遠隔操作でサポートします。

enひかりライフサポート

550円/月(税込み)で、日常生活のお困りごとを相談すると、過去の事例から最善策をご提案します。

enひかりテレビ

825円/月(税込み)で、地デジ・BSのほかにスカパー!のCSチャンネルを視聴できます。

光回線は悪天候の影響を受けにくく、電波障害を受けやすい場所でも、鮮明な映像が楽しめます。

enひかり「v6プラス」

enひかりの新しいサービスとして、「v6プラス」を開始しました。月額198円(税込み)で利用可能です。

本サービスでは安定した高速通信が期待できます。高画質動画サイトの閲覧や、大容量のオンラインゲームなどデータ送受信を多く使うアプリの利用など、より快適なインターネット接続をご希望の場合enひかり「v6プラス」がお勧めです。

enひかり「transix(トランジックス)」

PPPoE方式による従来のIPv4インターネット接続では、通信網の混雑状況により、夜間帯など多くの方がインターネットを使う時間帯では、速度低下が起こりやすい状況です。transix(トランジックス)は、IPv4 over IPv6技術(DS-Lite)により安定した高速通信が期待できます。

高画質動画サイトの閲覧や、大容量のオンラインゲームなどデータ送受信を多く使うアプリの利用など、より快適なインターネット接続をご希望の場合enひかり「transix(トランジックス)」がお勧めです。

これだけのサービスにもかかわらず、transix(トランジックス)の費用は、月額198円(税込み)となっています。

注意点として、transix(トランジックス)を使うためには、DS-Lite対応のWI-FIルータなどの通信機器が必要となることが挙げられます。

対応機器などの詳細は、以下の公式サイトをご覧ください。

enひかり公式サイト

enひかり「Xpass」

IPoE方式によるIPV6インターネット接続に加え、IPv4 over IPv6技術(DS-Lite方式)を活用したIPv4インターネット接続のデュアルスタックで、オフィスやご自宅に高品質のインターネット接続を実現します。

対応機器などの詳細は、以下の公式サイトをご覧ください。

enひかり公式サイト

enひかりWi2 300公衆無線LAN

Wi2 300は、「11ac」を含む、全国最大規模のエリアを誇る公衆無線LANサービスです。


公共交通機関、カフェなど街中で、お手持ちのWi-Fi(無線LAN)搭載端末をインターネットに接続することができます。
月額398円(税込み)でWi2のベーシックエリア、60,000か所のWiFiスポットを利用することが可能です。
さらにオプションエリア※を加えると全国20万か所以上のスポットを利用できます。(※1時間93円(税抜き)のオプションエリアチケットが必要)

業界最安値の光コラボレーションサービス

enひかりは、マンションタイプ3,520円(税込み)、戸建てタイプ4,620円(税込み)と業界最安値の光コラボレーションサービスです。公式サイトは以下から参照いただけます。

通信料を節約したい格安スマホユーザーにお勧めのサービスです。

解約違約金

解約違約金はありませんので、安心して申し込みができます。enひかりには契約期間縛りは一切ないので、契約後すぐに解約しても違約金が一切発生しません。社会人で転勤が多い方などが、突然の転勤による引っ越しなどで違約金を支払わなければならないなどということにもなりません。

キャッシュバック

残念ながらenひかりには、キャッシュバックがありません。他社のサービスだと、申し込みをすると、〇万円キャッシュバックなどというキャンペーンがあります。

これは、契約期間の縛りがあるからこと発生するサービスとなっています。enひかりは、契約期間の縛りがないので、キャッシュバックがないのは、やむを得ません。

他サービスとの比較

enひかりの光コラボをソフトバンク光やドコモ光などの他のサービスと比較してみます。

戸建ての場合

戸建ての場合、他のサービスと比較するとenひかりが、最大2,000円お得となっています。

※「ドコモ光」表記の料金は契約期間なしタイプAの場合。
※「SoftBank 光」表記の料金は自動更新なしプランの場合。
※現在ご利用のコースや割引サービスの適用状況によっては現在のご利用料金よりお安くならない場合もあります。

マンションの場合

マンション場合、他のサービスと比較するとenひかりが、最大1,600円お得となっています。

※「ドコモ光」表記の料金は契約期間なしタイプAの場合。
※「SoftBank 光」表記の料金は自動更新なしプランの場合。
※現在ご利用のコースや割引サービスの適用状況によっては現在のご利用料金よりお安くならない場合があります。

enひかりQ&A

Q:enひかりにすると利用中のフレッツ光の違約金は発生するの?
A:解約ではなくenひかりへの「転用」となりますので、解約事務手数料や違約金をお支払いただく必要はありません。

Q:フレッツ光のオプションを利用中だけど、enひかりでも継続して使えるの?
A:現在、NTT東日本およびNTT西日本よりご提供のひかり電話、フレッツ・テレビ、リモートサポートサービスも現在の環境のまま、enひかりより引き続きご利用いただけます。また、フレッツ・ウイルスクリア、フレッツ・あずけ~る等はNTT東日本及びNTT西日本より現在の環境のまま、引き続きご利用いただけます。

Q:ひかり電話を利用中だけど、enひかりにしても電話番号は変わらないの?
A:はい、enひかり電話では、現在NTT東日本及びNTT西日本のひかり電話でご利用中の電話番号を引き継いでご利用いただけます。

Q:enひかりにすると、光回線やプロバイダの支払い先はどうなるの?
A:光回線やプロバイダ料金、オプション料金を合わせて株式会社縁人からご請求させていただきます。

Q:今使っているフレッツ光より、回線速度が遅くなったりしないの?
A:ご利用中のフレッツ光回線の速度・品質は変わりません。

株式会社縁人(えんじん)とは

業界最安値の光コラボレーションサービス「enひかり」を提供する株式会社縁人(えんじん)というは、いったいどのような会社なのでしょうか。

サービスを申し込みするにあたって、サービス提供会社のことが気になる方も多いはずです。

「申し込んだとたんに会社がなくなってしまった」などなったら、移管手続きなど手続きが大変ですよね。

会社名がちょっと変(失礼)ですし、「本当に申し込んで大丈夫なの?」と思う方のために、会社について調べてみました。

会社概要

社名株式会社縁人(en-jin inc.)
設立平成19年10月1日
従業員37人(アルバイト含む)
代表取締役横山 満
取締役副社長向田 智治
本社所在地東京都板橋区成増2-17-10 タカスビル6階

設立されてから10年以上ということで意外と歴史がある会社であることがわかります。

従業員は37人ということで、中小企業ですね。東京本社の他、札幌に支社があります。それほど早いペースではありませんが、少しずつ成長している企業と言えます。

「我が家の光コラボレーションサービスを中小企業と契約して大丈夫?」と思う方がいるかもしれませんが、enひかりは、あくまでサービス提供会社で回線は業界最大手のNTTですので、全く心配ありません。

むしろ、大企業でもサポート窓口が、中国のコールセンターだったり、トラブル時に苦情を言ってもマニュアル通りの決まりきった回答しかしなかったりと、真摯な対応をしてくれない会社が多々あります。

その点、こちらの会社は、会社の電話番号も公開されていますし、ホームページで社内の様子まで写っていますので、安心ではないでしょうか。

縁人

会社のホームページにある通り、電気通信事業者(届出番号A-23-11925)として登録されているきちんとした通信事業会社です。取引先はNTTやKDDIをはじめ大手企業ばかりです。

業界最安値の光コラボレーションサービス

enひかりは、マンションタイプ3,520円(税込み)、戸建てタイプ4,620円(税込み)と業界最安値の光コラボレーションサービスです。公式サイトは以下から参照いただけます。