光コラボでプロバイダを変更・追加する方法

【この記事の所要時間:約 4 分】

光コラボと呼ばれるサービスを利用する際、多くの場合においてプロバイダと光回線がセット(一体型)になって提供されています。

この場合、「回線とプロバイダを契約を一つにまとめる」「回線とプロバイダを割安なセット料金で利用することができる」といったメリットがあります。

ただし、一旦契約した後は「プロバイダの変更ができない」「プロバイダを変えるには一度解約して新規で契約し直さないといけない」といった点がデメリットになります。

とはいえ契約後に、速度が遅いなどの理由で「別のプロバイダに変更したい」もしくは「プロバイダを追加したい」といったことを希望することがあるかもしれません。

そこで、この記事では光コラボの契約において「プロバイダを変更する」もしくは「プロバイダを追加利用する」方法にはどのようなものがあるかについてまとめました。

 

スポンサーリンク

光コラボでプロバイダを変更・追加する方法

それでは、光コラボでプロバイダを変更する、もしくはプロバイダを複数利用する方法を以下に挙げていきます。

 

ドコモ光を利用する

まず、ドコモ光でプロバイダを変更する方法について説明します。

ドコモ光には、提携プロバイダと光回線をセット料金で利用可能な「タイプA・タイプBプラン」と光回線のみをドコモに支払い、別途ドコモ光に対応したプロバイダを組み合わせて利用する「単独プラン」があります。

(厳密には上記以外に「タイプCプラン」もありますが、このプランは光コラボではないため詳しくは省略します)

上記の「タイプA・タイプBプラン」は、複数の提携プロバイダから自分で選んだところを契約して利用することが可能で、光回線はドコモ、インターネット接続はプロバイダと、両方に契約することでインターネットの利用ができるようになります。

つまり、あらかじめ特定のプロバイダと一体型になって提供しているものではないため、単独プランではなくセットプランを利用する場合でもプロバイダの変更が可能になっています。

ただし、フレッツ光のように無料ではなく、変更に伴って手数料(3,000円)が掛かる場合があります。

 

 

光回線を単独で提供している事業者を利用する

次に、「光回線単独で提供している事業者」でプロバイダを変更する方法について見ていきます。

光コラボの中でもよく知られているサービスには、たとえば「SoftBank光」「OCN光」「ビッグローブ光」などがありますが、これらは基本的に光回線とプロバイダサービスが一体型になって提供されています。

そのため「プロバイダを変更する」、つまり「プロバイダサービスのみを解約し、代わりに別のプロバイダと契約して利用する」ということができないものとなっています。

しかしながら、光コラボのすべてがそうしたタイプのものではなく、「U-NEXT光」「USEN光」などのように光回線のみを提供しプロバイダは別に契約するというタイプのサービスも中にはあります。

あらかじめそうした事業者のサービスと契約すると、プロバイダを自分で選択したり変更したりといったことが可能になります。

 

 

マルチセッションで複数のプロバイダに接続する

次に、「上記のいずれにも該当せずプロバイダの変更ができないけれど別のプロバイダの接続を試したい」「理由があって敢えて複数の接続先を利用したい」といった場合にプロバイダを追加する方法について見ていきます。

光コラボは、フレッツ光と同じようにマルチセッション(複数のプロバイダへの同時接続)の利用が可能で、NTT東日本・西日本と契約することで「フレッツ・セッションプラス」を利用することが可能になっています。

基本的には2セッションまで同時接続が可能ですが、「フレッツ・セッションプラス」に契約することで5セッションまで利用可能になります。

速度が遅いため別のプロバイダで接続したい、リスク回避のためなどの理由で複数のプロバイダに契約したいという場合に活用することができます。

ただし、プロバイダを複数契約すると、光コラボとは別にそのプロバイダの利用料金が掛かることになります。

 

 

まとめ

以上、光コラボの契約でプロバイダを変更、追加利用する方法について説明しました。

光コラボはプロバイダサービスと光回線が一体で提供されていることが多いですが、光回線のみを事業者で契約して、別途自分で選んだプロバイダと契約することができる場合もあり、そうした事業者のサービスを利用することでプロバイダを変更することも可能になります。

またドコモ光であれば、単独プランを利用する、もしくは提携プロバイダとのセットプランを利用する場合でも有料でプロバイダを変更することが可能です。

また、プロバイダの変更ではなく追加したい(複数のプロバイダを使う)という場合には、別途プロバイダの料金が必要となりますが、マルチセッション機能を使って複数のプロバイダを利用するということが可能なため、状況に応じて活用すると良いかと思います。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング