「U-NEXT光」のサービス特徴・利用料金・U-mobileとの割引などについてのまとめ

2017年8月24日

【この記事の所要時間:約 4 分】

U-NEXTが提供する「U-NEXT光」のサービス特徴や利用料金、格安SIM(U-mobile)との併用による割引やドコモ光タイプAプランとの違いなどについてまとめました。

スポンサーリンク

U-NEXT光とは?

NTT東日本・西日本による光ファイバーの卸売を受け、株式会社U-NEXTが運営する光アクセスサービスです。

光回線のみの提供となるためプロバイダを選択することができますが、同社の提供するプロバイダサービス「U-Pa!」を組み合わせて利用することも可能になっています。

 

サービス特徴

サービスの主な特徴としては、下記のような点があります。

 

格安SIMとの併用による割引

同社の格安通信サービス「U-mobile」と併用する場合には、お得なセット料金で利用することができるようになっています。

たとえば音声SIMによる使い放題プランを2~5回線利用する場合には、通常よりも1,140~4,100円割安な料金で利用することができる「スーパーファミリーバリュー」が提供されています。

 

 

フレッツ光オプションの利用

光インターネットに加えてひかり電話やフレッツ・テレビ、リモートサポートサービスに相当するサービスが提供されているため、フレッツ光から切り替える場合にはインターネットと併せて転用して利用することができます。

ただし、転用時を含めNTT西日本のセキュリティ対策ツールのライセンスは無料での利用ができないため、利用を希望する場合は「セキュリティ機能ライセンス・プラス」への申し込みが必要になります。

 

 

有料オプションサービス

上記以外にも、クラウド上で展開するセキュリティサービスや、音楽聴き放題アプリ「SMART USEN」、最大5万円のお見舞金が「端末保証お見舞金サービス」、訪問サポートなどのオプションを利用することが可能となっています。

 

ドコモ光タイプAプランとの違い

U-pa!はドコモ光のタイプAプランの対応プロバイダとなっており、両者のサービスを組み合わせて利用することも可能となっています。

その場合は「U-NEXT(映像サービス)ギフトコード1,000ポイント分がもらえる」「バックアップストレージサービスが最大12か月間無料になる」などの特典が用意されているほか、ドコモの携帯電話とインターネットとのセット割を適用することができるメリットがあります。

またひかり電話やフレッツ・テレビといったフレッツ光オプションに相当するサービスについては、ドコモから提供されるサービスとして利用することが可能となります。

 

 

導入や利用にかかる費用・料金

サービスの新規開通・転用にかかる初期費用、および月額料金は以下のようになります。
(このページに記載している金額はすべて税抜きで表記しています)

 

初期費用

契約事務手数料工事費U-Pa!初期費用(利用時のみ)
新規3,000円24,000円(工事内容により異なる)2,000円
転用

 

月額料金

建物基本料金にねん割適用U-Pa!月額料金U-Pa!にねん割適用
戸建て4,980円4,200円1,280円1,080円
マンション3,480円3,180円1,180円1,030円

※にねん割は、契約月から24ヶ月が満了月とされています。契約は解約の申し出をしない限り自動更新となり、更新月以外の解約にはU-NEXT光は10,000円、U-Pa!は5,000円の解約事務手数料が発生します。

なお、月額料金は他の主な事業者と比較すると割安感はそれほどありませんが、格安SIMとまとめて利用する場合には総合的に通信費を大きく抑えられる可能性があります。

 

 

まとめ

U-NEXT光は、同社の格安SIMと組み合わせることでお得な利用料金で利用できる、ひかり電話などのフレッツ光オプションが直接提供されておりそれらを併せて契約を一つにまとめられるといったメリットがあります。

たとえば家族でU-mobileを複数回線利用し、光回線と併用する場合にはお得感が大きいサービスといえます。

ただし、同社のプロバイダ「U-Pa!」はドコモ光タイプAプランに対応しており、携帯電話にドコモのサービスを利用している(もしくは今後利用する)場合は、そちらを利用するほうが月額料金・初期費用ともにさらに割安な料金で利用できる可能性もあります。その場合には、個々の状況に応じてどちらが適しているか比較してみると良さそうです。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング