「auセット割」特徴・適用条件などのまとめ

2017年9月3日

【この記事の所要時間:約 8 分】

「光コラボ」の中には、「auセット割」を適用して月額料金を割引にすることができる事業者がいくつかあります。

auセット割は、光コラボレーション事業者のサービスとauの携帯電話(スマートフォン・タブレットを含む)を同時に利用することで、光回線の月額料金が毎月500円または1,200円割引になるサービスです。So-netや@niftyなど、複数の事業者がセット割を展開しています。

もともとauでは、「auスマートバリュー」でインターネットや電話サービスなどとのセット割を利用することができるようになっていましたが、「フレッツ光」との組み合わせでは適用することができませんでした。

ですが、「光コラボ」は、このauセット割を適用させることで、auのユーザーもお得に利用することができます。

そこdauセット割の適用条件や注意点、また同じ「auスマートバリュー」との違いなどについてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

適用条件

auセット割を適用するには、下記のような条件を満たしている必要があります。

 

所定の定額プランを利用している

セット割を適用するには、auで対象となる料金プランに契約している必要があります。

(対象プランの詳細は「適用金額と対象プラン」の項目を参照ください)

割引額は契約プランにより「500円」または「1,200円」となりますが、事業者によっては本来500円割引のプランでもキャンペーンで一時的に1,200円割引にしている場合もあります。

なお、auセット割を申し込んで適用された後も対象プランに契約を継続する必要があり、対象外となるプランへの変更やauの契約を解約するなどの場合にはセット割は終了となります。

 

「auスマートバリュー」が適用されていない

auセット割は、auスマートバリューまたはauスマートバリュー mineとの併用はできません。

そのため、auセット割を申し込んでも、その時点で(もしくは前月まで)auスマートバリューが適用中であった場合にはauセット割は適用されないということになります。

ちなみに、一旦auセット割が適用された後にauスマートバリューを申し込みするとauセット割の適用が終了するようになっているため、どちらかというとauスマートバリューの方が優先されるようです。

 

光回線とauの契約が同一住所になっている

auセット割の適用には、光回線の設置場所がauの契約住所と一致することが条件になります。(ただし契約名義は同じでなくても良い)

もしどちらか片方の住所のみを変更して両者の住所が一致しなくなった場合は割引の適用対象外になるため、もう一方の登録住所もあわせて変更する必要があります。

 

適用時の注意点

auセット割は光回線1回線につき「携帯電話1契約」の申し込みが可能とされています。

もしauで複数の回線契約があっても適用できるのは1契約までとなり、複数回線分割引が適用されることはありません。

 

auスマートバリューとの比較

次に、auが提供しているインターネットや電話サービスとのセット割「auスマートバリュー」および「auスマートバリュー mine」の概要とauセット割との主な違いについて見ていきます。

 

auスマートバリューとは

auスマートバリューは、au携帯電話(スマートフォン・タブレット含む)の対象プランと所定の固定通信サービス(インターネットと電話もしくはテレビサービス)とを同時利用することで、携帯電話の月額料金が毎月934円(永年)~2,000円(最大2年間)割引になるサービスです。

また、「auスマートバリューmine」は、携帯電話で所定の定額サービスに契約し、対象となるWi-Fiルーターとのセットで利用することで毎月500円~934円が割引されるサービスになります。

セット利用が可能なサービスには「auひかり」や「コミュファ光」「eoひかり」などの光インターネット、「対象となるケーブルテレビ局のインターネット+電話サービス(もしくはテレビサービス)」があり、これらをauの携帯電話とあわせて利用し条件を満たすと、スマートバリューへの申し込みが完了した翌月から割引を適用することができるようになります。

光コラボレーション事業者の中でも「ひかりJ」「ビッグローブ光」「So-net光コラボレーション」はauスマートバリューに対応しています。

 

auセット割との相違点

両者のサービスの主な違いですが、まずauセット割は複数回線の割引適用ができないことに対して、auスマートバリューは固定回線1回線につき携帯電話最大10回線まで適用が可能となっています。

つまり、たとえば家族でauの携帯電話を複数回線利用しているという場合には、auスマートバリューであれば最大2年間計20,000円までauの携帯電話料金を抑えることができるということになります。

そうすると割引額としてはauスマートバリューが断然お得だといえますが、セットで利用するサービスには、インターネットに加えて電話もしくはテレビサービスを併せて利用する必要があります。

(auセット割のほうは「インターネット+携帯電話」の組み合わせで適用が可能です)

また、auスマートバリューは適用された割引額が携帯電話料金から割引になりますが、auセット割は光回線の月額料金から割引になります。そのため、申し込みの手続きは「auスマートバリュー⇒auショップ・My au・電話」「auセット割⇒各光コラボレーション事業者」となることも違いとして挙げられます。

 

適用金額と対象プラン

次に、auセット割が適用になる対象プランと割引額について見ていきます。

auセット割はauでの契約プランにより月1,200円または500円が割引になります。

対象となる料金プランについてはどの事業者もおおむね同じですが、ここでは「@nifty光」においてのauセット割対象プランを挙げてみます。

auでの契約プラン割引額
データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)20(V)/30(V)
データ定額5(ケータイ/V)/8(ケータイ/V)/10(ケータイ/V)/13(ケータイ/V)
LTEフラット
LTEフラット(V) 
ISフラット
プランF(IS)/プランF(IS)シンプル
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
LTEフラット for DATA(m)
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
U18データ定額20
U18データ定額20(V)
1,200円
データ定額1/2/3
データ定額1(V)/2(V)/3(V)
データ定額1(ケータイ/V)/2(ケータイ/V)/3(ケータイ/V)
ジュニアスマートフォンプラン
ジュニアスマートフォンプラン(M)
シニアプラン
シニアプラン(V)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
LTEフラット cp (1GB)
500円

ただし、対象プランは事業者によって異なる部分もあります。

また時期によってプランが追加されるなどの可能性もあるため、セット割の利用を考えている場合には、その時点で事業者のホームページなどから対象プランを確認すると良いかと思います。

 

セット割の適用が可能な光コラボレーション事業者

次にauセット割の適用が可能な事業者については、以下のようになっています。

申し込み注意点
So-net光コラボレーション電話・マイページから申込可能
(インターネットとの同時申し込みも可能)
他の月額料金割引キャンペーンが適用されている場合には、その割引が適用終了となりauセット割が適用になる

※2017年9月1日で新規受付を終了し、現在では「auスマートバリュー」の申し込みが可能になっています

ビッグローブ光マイページより申し込みが可能フレッツ光から転用した場合の永年割引(ファミリー200円・マンション100円)・東京ガストリプル割・光☆SIMセット割・光☆SIMでんきトリプル割との併用不可
※2017年9月から、ビッグローブ光とビッグローブ光電話を利用する場合には「auスマートバリュー」への申し込みも可能となっています
@nifty光インターネットとの同時申し込みが可能東京ガストリプル割との併用不可
DTI光電話での申し込みが可能
(同時申し込みも可能)
DTI光×SIMセット割・東京ガストリプル割との併用不可
エディオン光・エディオンネットIoTパック申し込みが必要のりかえ割との併用不可
AsahiNet 光Webから手続きが可能かんしゃ割・スタートキャンペーン・東京ガストリプル割との併用不可
ひかりゆいまーる該当地域のauショップでの手続きが可能

事業者側で他にも月額料金が割引サービスを提供している場合もありますが、それらとの併用ができない場合が多いです。

たとえば、auセット割が適用されるとその代わりに他の割引が終了になるという場合もあるため、セット割に申し込みをする際には、その点にも注意しておくと良いかもしれません。

 

 

まとめ

auスマートバリューは最大2,000円までの割引額に加え複数回線の適用が可能と、契約状況によりかなりお得になるサービスですが、フレッツ光に関しては対象外ということで適用できなかったケースもあるかと思います。

とはいえ、そうした場合にauセット割を適用できることはauのユーザーにとって喜ばしいサービスといえます。(ただし光コラボレーション事業者の中でもひかり電話を利用する場合にはauスマートバリューに申し込みが可能なサービスもあります)

月500円の割引でも年間で6,000円、月1,200円であれば14,400円とそれなりの金額が抑えられるので、auのユーザーでフレッツ光のサービスを利用したい場合には上記に挙げた事業者のサービスを検討してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング