「SoftBank 光 ファミリー・ライト」のサービス特徴・利用料金などのまとめ

2017年8月27日

【この記事の所要時間:約 4 分】

ソフトバンク株式会社が提供する2段階制定額の光インターネットサービス「SoftBank 光 ファミリー・ライト」の主なサービス特徴や利用料金のポイントとなる点についてまとめました。

 

スポンサーリンク

SoftBank 光 ファミリー・ライトとは?

完全定額制となっているSoftBank光と比べ、安価な金額から光インターネットを利用できる2段階制の定額サービスです。

(フレッツ光ライトプラスに相当するサービスになります)

戸建住宅向けに提供されており、上下最大100Mbpsの光インターネットサービスを利用することができるようになっています。

 

サービス特徴

サービスの主な特徴としては、下記のような点があります。

 

ライトユーザー向けの手ごろな料金

2段階制の定額プランのため、自宅でインターネットをほとんど利用しないという人には完全定額制のプランよりも割安な月額料金で利用することができます。

また上限となる金額もあらかじめ決まっており、どれだけ使用してもそれ以上の料金が発生することがなく、まれにたくさん使用したい月があっても安心して利用することが可能となります。

(ただし所定の通信量を超える利用をすると、定額プランよりも割高な料金になる可能性があります)

 

おうち割 光セット

ソフトバンクの端末を使用している人には、対象の料金サービスと併用することで携帯電話料金が割引になる「おうち割 光セット」に申し込むことが可能です。

セット割が適用されると、携帯電話の月額料金が永年毎月500円割引になります。

ただし、割引適用には別途所定のオプションサービスに加入する必要があるため、割引額がオプション契約で実質的に相殺される場合もありますが、「おうち割 光セット増量キャンペーン」が適用される一部のプランであれば、2年間最大で2,000円の割引を受けることが可能となります。

 

 

フレッツ光オプションの利用

定額プランと同様に、ひかり電話・フレッツ・テレビ・リモートサポートサービスといったフレッツ光オプションに相当するサービスが併せて提供されており、インターネットと併せて利用することが可能となっています。

なお定額制となるSoftBank光のオプションに「ひかりTV」を利用することができますが、2段階定額サービスでは利用することができません。

またオプションサービスの利用には従量課金の対象とならないものと、リモートサポートの遠隔操作など利用にあたって従量課金の対象となるものがあるため、事前に注意しておくと良いかもしれません。

 

 

導入・利用にかかる費用・料金

サービスの新規開通・転用にかかる初期費用、および月額料金は以下のようになっています。(このページに記載している金額はすべて税抜きで表記しています)

 

初期費用

契約事務手数料工事費
新規3,000円2,000円~24,000円
転用3,000円

※転用時は基本的に工事費はかかりませんが、回線タイプなどの変更がある場合には工事費が発生します。

 

月額料金

2年自動更新ありプラン自動更新なしプラン
基本料金(~3GB)3,900円5,500円
上限料金(10GB~)5,600円7,200円
従量部分料金1(3GB~9.9GB)24円/100MB24円/100MB
従量部分料金2(9.9~10GB)44円/100MB44円/100MB

※100MB未満のデータ量は100MB単位での切り上げになります。
※自動更新ありプランは、24ヵ月目の末日までが契約期間で、以降解約の申し出をしない限り自動更新されます。満了月以外の解約には解除料9,500円が必要になります。

 

 

まとめ

SoftBank 光 ファミリー・ライトは、基本料金・上限料金があらかじめ設定されており、使い方によっては定額プランよりも割安な基本料金で利用することができます。

基本的に自宅でのインターネットの利用量が少ないという人、また月によって利用量に差がある場合などに適したサービスといえます。

また、ソフトバンクの携帯電話で対象の料金プランに契約している場合には、おうち割 光セット増量キャンペーンにより2年間最大2,000円の割引が受けられるようになっています。(ただし3年目以降は500円になります)利用を考える場合には、その点も併せて留意して検討すると良いかもしれません。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング