「ドコモ光ミニ」のサービス特徴・利用料金のポイントまとめ

2018年3月30日

【この記事の所要時間:約 4 分】

この記事では、NTTドコモが提供する2段階制定額の光アクセスサービス「ドコモ光ミニ」の利用を検討するにあたってポイントとして抑えておきたい、主なサービス特徴や利用料金などについてまとめました。

 

ドコモ光ミニとは?

完全定額制となっているドコモ光と比べ、安価な金額で提供されている2段階制定額の光アクセスサービスです。(フレッツ光ライトプランに近い内容のサービスとなります)

戸建住宅向けに提供されており、上下最大100Mbpsの光回線を利用することができるようになっています。(なお、プロバイダ契約はセットになっていません)

 

 

サービス特徴

サービスの主な特徴としては、下記のような点が挙げられます。

 

ひかり電話やFAX利用者向けのサービス

まず、ドコモ光ミニは、光回線に一般的な「使っても使わなくても毎月同じ金額を支払う」という料金体系とは違い、月々に利用した通信量に応じて料金が変わってくるようになっています。

つまり、基本料金と上限金額があらかじめ決まっていて、どのくらい使用したかによってその範囲内で料金が決まり、具体的には、基本料金の範囲内で使える容量は200MB、そして1,200MB使用すると上限に達するという設定になっています。

ただ基本料金や上限の範囲内で使用できるデータ量が少なく、インターネットの利用を前提とするには、完全定額制でプロバイダ契約がセットになっているタイプA・Bプランを利用するほうが結果的に割安になるケースが多いかと思われます。

とはいえ、インターネットを利用することを前提にしてこのプランを利用するには無理がありますが、たとえばひかり電話の利用が目的でインターネットは利用しないという人にとっては、定額制のサービスと比べて割安な料金で利用することが可能になります。

 

 

携帯電話との併用による割引

特定のパケットパックや旧料金プランと併用して利用する場合には、利用料金から500円の割引が適用になるセット割や期間限定割引があります。

定額制のサービスと比べると割引額は少なくなりますが、携帯電話との併用でお得に利用できるようになっています。

 

 

フレッツ光オプションの利用

定額プランと同様に、ひかり電話・フレッツ・テレビといったフレッツ光オプションに相当するサービスが併せて提供されており、光回線と併せてドコモとの契約で利用することができるようになっています。

 

 

利用にかかる料金

次に、サービスを利用するための月額料金は以下のようになっています。

(このページに記載している金額はすべて税抜きで表記しています)

 

月額料金

利用量2年定期契約あり定期契約なし
基本料金(~200MB)2,700円4,200円
上限料金(1,200MB~)5,700円7,200円
従量部分(200~1,200MB)30円/10MB30円/10MB
定期契約と定期契約なしでの利用が可能とされていますが、2年契約の場合は契約期間となる2年間の継続利用が必要で、更新月以外の解約または定期契約なしプランへの変更には解約金が発生することになります。

 

 

まとめ

以上、ドコモ光ミニの主なサービス特徴や利用料金についてまとめました。

ドコモ光ミニは、光回線のみを割安な料金で利用できる、ひかり電話が主な用途でインターネットを利用しない人に適したサービスです。

あまり一般的な使い方ではないかもしれませんが、ひかり電話の利用を目的に光回線を契約したいという場合には定額制のサービスよりもお得になります。

ただしインターネットも利用するという場合には、プロバイダとの契約とその利用料金が別途必要です。

また「基本料金を越えて利用する場合にはタイプA・Bプランなどと比べ割高になる」ことや、「セット割の適用金額や対象プランが定額制サービスとは異なる」ことにもあらかじめ注意しておくと良さそうです。

広告

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング