「U-NEXT光コラボレーション」と「U-Pa! for ドコモ光」サービス・料金などの比較まとめ

【この記事の所要時間:約 7 分】

「U-Pa!」はU-NEXTの提供するプロバイダサービスで、同社が提供する光コラボレーションモデルを利用した光アクセスサービス「U-NEXT光」と併せて利用することができます。

といってもU-NEXT光とセットで利用するだけではなく、ドコモ光タイプAプランに対応したプランも提供されており、ドコモ光と組み合わせて利用することも可能です。

ただし、ドコモ光対応プランを利用する場合とU-NEXT光とセットで利用する場合とでは、利用できるサービスや総合的な料金などに違いがでてきます。

そこで、ここでは両方のケースを比較して、サービス内容や利用料金・初期費用などにどのような違いがるのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

サービス内容の比較

まずはドコモ光とU-NEXT光の基本的なサービス内容を表を使って比較してみます。

ドコモ光+U-Pa!U-NEXT光+U-Pa!
対応エリア全国全国
通信速度 送受信最大1Gbps 送受信最大1Gbps
契約プロバイダ契約:U-NEXT
光回線:ドコモ
※ただしインターネット以外にNTT東西のオプションを利用する場合は、別途NTTとの契約が必要
U-NEXTのみ
※ただしインターネット以外にNTT東西のオプションを利用する場合は、別途NTTとの契約が必要
オプション・サービス電話サービスドコモ光電話
基本料金 月額500円
U-NEXTひかり電話
基本料金 月額500円
映像サービスドコモ光テレビオプション
月額660円
U-NEXT光テレビ
月額660円
リモートサポートサービスリモートサポートサービス
(NTT東日本または西日本が提供するサービス。NTTと契約することで利用可能)
月額500円
U-NEXT光リモートサポート
月額500円
ネットトータルサポート
(ドコモの提供する電話・訪問・修理などの総合的なサポートサービス)
月額500円
その他独自オプション WEBROOTインターネットセキュリティプラス・AOSBOX cool(U)・端末保証お見舞金サービス(U)・スマートレスキュー・SMART USEN・U-NEXTビデオ見放題サービス

WEBROOTインターネットセキュリティプラス・SMART USEN・端末保証お見舞金サービス・スマートレスキュー・AOSBOX cool(U)など

メールアドレス 1つまで無料
※2アドレス目以降は月額150円で追加可能
 1つまで無料
※2アドレス目以降は月額150円で追加可能
店頭相談窓口 ドコモショップ 全国約2,400店舗 U-NEXTストア
関東を中心に9店舗
特典・U-NEXTギフトコード初回のみ1,000ポイント分付与
・AOSBOX cool(U) 最大12ヶ月間無料
・AOSBOX cool(U)に加入した人に無線LANルーター無料レンタル

上記のように、ドコモ光とU-NEXT光はどちらを利用してもほぼ同じようなサービスを利用することができますが、付帯できるオプションサービスや特典の有無、契約形態などが異なります。

U-NEXT光を利用する場合には契約を一つにまとめられるというところは利点として挙げられますが、ドコモ光を利用する場合には特典として「AOSBOX cool(U) 」(クラウドサービス)が最大12ヶ月無料になるなどの特典が受けられる分、これらのサービスを利用したい場合にはお得であるといえそうです。

 

 

 

導入や利用にかかる費用・料金の比較

では、次にドコモ光とU-NEXT光の利用料金や初期費用の違いを見ていきます。
(このページで記載している金額は税抜き表示になります)

 

初期費用

まず、それぞれの契約にかかる手数料(契約料)と工事費は下記のようになります。

 

契約料・手数料

以下契約に掛かる手数料・初期費用です。

どちらのサービスを利用する場合でも手数料はかかってきますが、U-NEXT光を利用する場合にはU-Pa!の初期費用が別に必要となってきます。

ドコモ光U-NEXT光
契約事務手数料3,000円3,000円
U-Pa!初期費用2,000円

 

工事費

工事費は、工事の内容によっても料金が異なりますが、新規工事費についてはU-NEXT光のほうが高めに設定されているようです。

ドコモ光U-NEXT光
新規2,000円~18,000円2,000円~24,000円
転用

※上記の料金は平日に工事を実施した場合の料金になります。
※転用時は基本的に工事費はかかりませんが、回線タイプなどの変更がある場合には工事費が発生します。

 

月額料金

また、それぞれ2年間の定期契約をした場合の月額料金としては下記のようになります。

ドコモ光U-NEXT光
U-NEXT光U-Pa!
戸建5,200円4,200円1,080円
マンション4,000円3,180円1,030円

ドコモ光はプロバイダ込みで一律料金となりますが、U-NEXT光のほうは回線のみ提供するサービスのため、U-Pa!のプロバイダ料金が別にかかるという扱いになります。

つまり、U-NEXT光を利用する場合には両方のサービスの合計金額が必要となり、ファミリータイプで5,280円マンションタイプ4,210円となります。

差額はわずかですが、ドコモ光と比べるとU-NEXT光のほうが若干割高となっています。

 

モバイルとのセット割を適用する場合

サービスを利用する場合の料金は上記のようになっていますが、ドコモ光・U-NEXT光ともにモバイルの契約(ドコモの携帯電話サービスもしくはU-NEXTの格安SIMサービス)を併用することで割引を受けることができるようになっています。

そのため、実質的な料金は上記よりも割安になる可能性が高いです。

この割引額は、どちらのサービスにおいても家族でシェアする、もしくは複数回線をしているほど大きくなるのが特徴となっています。

 

 

解約にかかる違約金の比較

次に、サービスを解約する時にかかる違約金の違いについて見ていきます。

ドコモ光・U-NEXT光どちらも2年間の定期契約をすることによる割引があり、これを適用する場合には満了月の翌月・翌々月を除く時期に解約をすると違約金が発生するようになっています。

その場合の両サービスにおける違約金の扱いとしては、以下のようになります。

ドコモ光U-NEXT
契約期間24ヶ月24ヶ月
違約金なしで解約可能な期間満了月の翌月・翌々月(25・26ヶ月目)
※ドコモ光解約時にはオプション契約を含めU-Pa!も解約になります。
満了月の翌月・翌々月(25・26ヶ月目)
 違約金戸建:13,000円
マンション:8,000円
10,000円(U-NEXT光)
+5,000円(U-Pa!)

上記のように、2年契約でU-NEXT光+U-Pa!を利用する場合には、両方のサービスの違約金が発生するため、ドコモ光と比べ割高です。

特にマンションで利用する場合には倍近くの差となってくるので、あらかじめ留意しておくと良さそうです。

 

まとめ

U-Pa!はU-NEXT光と合わせてサービス提供を開始したプロバイダサービスです。

U-NEXT光と組み合わせて利用する場合には、契約を一つにまとめることができるようになりが、U-Pa!の初期費用や違約金はU-NEXT光と別にかかってくることに注意しておくと良さそうです。

またドコモ光タイプAに「U-Pa!for ドコモ光」を組み合わせて利用する場合には、サービスや基本料金はほとんど変わりがないながらも、クラウドサービスが最大12ヶ月無料、U-NEXTの動画配信サービスで使用できるポイントがもらえる(ただし初回のみ)などの特典を受けることができます。

そしてドコモ光に新規契約する場合には、その時期によりもよりますが、公式で実施している工事費無料やdポイントプレゼントなどのキャンペーンにより、実質的な初期費用を抑えられる可能性もあるため、よりお得感が大きいといえそうです。

ただしモバイルの契約とのセット割有無が実際の利用料金をある程度左右するところもあるため、サービスの利用を検討する場合には、スマートフォンなどの利用状況を含めて考慮すると良いかと思います。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング