「mitene光」のサービス特徴・利用料金のまとめ

2017年12月22日

【この記事の所要時間:約 4 分】

この記事では、福井県に本社を置くミテネインターネット株式会社が提供する光インターネットサービス「mitene光」の利用を検討する場合に、ポイントとして抑えておきたいサービス特徴や利用料金などについてまとめました。

 

mitene光とは?

NTT西日本・東日本による光ファイバーの卸売を受け、ミテネインターネット株式会社が提供する通信速度最大1Gbpsの光インターネット接続サービスです。

NTT西日本・東日本のNTTフレッツ光ネクスト提供エリアに対応しています。(ただし東日本エリアについては契約準備中の状態とされています)

 

サービス特徴

サービスの主な特徴としては、下記のような点が挙げられます。

 

プロバイダと光回線のセット

mitene光は「ミテネインターネット」によるプロバイダサービスと光回線がセットで提供されています。そのため、フレッツ光のように光回線とプロバイダ契約が分かれることなく、一つにまとめて利用することが可能になります。

 

フレッツ光オプションの利用

光インターネットに加えて、「フレッツ・テレビ」に相当するサービスが提供されているため、フレッツ光から切り替える場合にはインターネットと併せて転用して利用することが可能になります。

ただし、NTT西日本の標準サービスとして提供されている「セキュリティ対策ツール」は標準では利用できなくなります。またひかり電話などのその他フレッツ光オプションについては、一部を除きNTT西日本との契約を継続して利用することが可能です。

 

 

導入や利用にかかる費用・料金

サービスの新規開通・転用にかかる初期費用、および月額料金は以下のようになっています。(このページに記載している金額はすべて税抜きで表記しています)

 

初期費用

事務手数料契約手数料工事費
新規3,000円1,000円2,000円~18,000円
転用3,000円2,000円0円~18,000円

 

 

月額料金

 建物基本料金2年割適用時
戸建5,980円4,500円
集合住宅4,980円3,500円
2年割を適用する場合には、利用開始月の翌月を1ヶ月目として24ヶ月が満了月とされ、それ以内の解約には9,800円の解約違約金がかかるとされています。ただし25ヶ月目を経過した後に解約する場合には違約金が発生することなく解約が可能となります。

 

 

まとめ

以上、「mitene光」のサービス特徴や利用料金についてまとめました。

「mitene光」はNTT西日本・東日本のフレッツ光ネクスト提供エリアに対応となっていますが、中でもミテネインターネット会員でフレッツ光を利用している人におすすめのサービスといえます。

利用する際のメリットとしては、「(2年割を適用する場合)光回線とプロバイダ契約をまとめて安価な月額料金で利用できる」また「25ヶ月目以降には契約の縛りがなくなり、いつでも解約が可能」なことが挙げられます。

現在フレッツ光とmiteneインターネットを利用している場合には、契約を一つにまとめて総合的に料金が安くなる可能性があるため、現在の料金と比較して利用を検討してみると良いかもしれません。

(なお、NTT西日本で光もっともっと割、Web光もっともっと割といった割引サービスを適用している場合には転用することで料金が逆に割高になる場合や、キャンペーンの割引適用による違約金が発生する場合もあります。ただし、「mitene光」のほうが契約の縛りが軽くなるため、どちらが条件としてメリットが大きいかで選ぶと良いかもしれません)

広告

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング