【ビッグローブ光】電気とのセット割・トリプル割の比較

2017年11月14日

【この記事の所要時間:約 9 分】

2016年4月からの電力自由化に伴い、光コラボレーション事業者によってはインターネットと電気やガスのセット割・トリプル割を適用することが可能になっています。

電気やガス・インターネットといったものは生活に欠かせないものとして、ほとんどどの世帯でも使用しているものなので、セット割やトリプル割の適用により料金が安くなることはメリットになるケースが多いと思います。

中でもビッグローブ光は、「東京ガス」が提供する電気・ガスとのトリプル割、もしくはビッグローブが提供する「ビッグローブでんき」の「カテエネプラン for BIGLOBE」との併用によるセット割を適用して料金の割引を受けることができるようになっています。

そこで今回の記事では、これらの割引を適用した場合にはどのような点でお得になるのか、また対象となるエリアや利用条件の違いなどについてまとめました。

 

スポンサーリンク

ビッグローブ光で適用できる電力とのセット割・トリプル割の比較

それでは、以下にビッグローブ光を利用している場合に適用が可能な電力とのセット割・トリプル割にはどのようなものがあるか、またそれぞれのサービスや利用条件の違いを説明していきます。

 

ビッグローブ光で割引が適用可能な電力

まず、ビッグローブ光利用者が適用できる電気とのセット・トリプル割について整理していきます。

現在ビッグローブ光の利用者が適用可能な電力との割引サービスには、下記のものがあります。

  1. 「東京ガストリプル割」(東京ガスが提供するガス・電気とインターネットのトリプル割。他の光コラボでも利用できる場合があるが、割引額や利用条件は事業者によって異なる)
  2. 「光☆でんきセット割」(中部電力がBIGLOBE利用者向けに提供する「カテエネプラン for BIGLOBE」と「ビッグローブ光」とのセット割)
  3. 「光☆SIMでんきトリプル割」(「ビッグローブ光」・「カテエネプラン for BIGLOBE」・「BIGLOBEモバイル」とのトリプル割)

【参考記事】
【光コラボ+電力】セット割に関するまとめ
「ビッグローブ光」のサービス特徴・利用料金・ドコモ光との違いなどのまとめ

上記の1~3のセット割もしくはトリプル割を適用することにより、ビッグローブ(光)の月額料金を安くすることができますが、割引になる金額はそれぞれ異ります。

また、これらのサービスを利用するには、まずサービスの対象エリアに在住している必要がありますが、東京ガスの電力・ガスサービスや「カテエネプラン for BIGLOBE」は、それぞれ供給の対象となるエリアや料金に違いがあります。

そこで、両方の主な利用条件について、下記に一覧表でまとめてみます。

 

サービス内容・利用条件一覧

光☆でんきセット割・光☆SIMでんきトリプル割東京ガストリプル割
対象エリア東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県(富士川以東)における東京電力管内(ただし離島や一括受電の電気契約は除く)東京ガスの都市ガス供給エリア

且つ東京ガス電気供給エリア

電気サービスの特徴・メリット単身者から人数の多い世帯まで割安な料金で利用できるが、電気使用量が多いほどお得になる電気とガスをセットで利用することにより電気の基本料金が安くなる
割引額光☆でんきセット割:100円
光☆SIMでんきトリプル割:400円
ファミリータイプ:300円
マンションタイプ:200円
併用できない他の割引サービス・BIGLOBEのフレッツ光からビッグローブ光へ転用した場合の月額料金割引特典
・ビッグローブ光×auセット割・auスマートバリュー
・光☆SIMセット割
・ビッグローブ光✕東京ガストリプル割
・BIGLOBEのフレッツ光からビッグローブ光へ転用した場合の月額料金割引特典
・ビッグローブ×auセット割・auスマートバリュー
・光☆SIMセット割
・光☆でんきセット割
・光☆SIMでんきトリプル割
併用可能な割引上記を除くビッグローブ光およびBIGLOBE SIMの申込特典上記を除いたビッグローブ光申込特典
申込対象以下サービスを同一のIDで利用中の人

・ビッグローブ光
・BIGLOBEモバイル(光☆SIMでんきトリプル割の場合)
・中部電力 カテエネプラン for BIGLOBE

 同一住所で以下のサービスを利用中の人

・ビッグローブ光
・東京ガス ガス・電気セット割

エントリー方法BIGLOBEのWebページから申し込み

※利用条件を満たしても自動では適用されないため割引へのエントリーが必要

BIGLOBEのWebページから申し込み(ビッグローブ光にこれから申し込む場合には東京ガスのホームページから手続きが可能)

※利用条件を満たしても自動では適用されないため割引へのエントリーが必要

利用可能なポイントサービスカテエネポイント(Webサービスの会員登録が必要)

※電気料金にポイントは付与されないがコンテンツ利用などでポイントがもらえる

パッチョポイント(「myTOKYOGAS」会員向けのサービス)

※電気料金1,000円につき15ポイント付与される

上記のように、東京ガスと「カテエネプラン for BIGLOBE」とでは利用条件にそれほど大きな違いがありませんが、割引額は100~400円までの差があります。

たとえばビッグローブ光をマンションで利用していてBIGLOBEモバイルも使うという場合は「光☆SIMでんきトリプル割」を適用するのが一番割引額が大きくなりますが、他のケースであれば「東京ガストリプル割」を適用するほうがお得な場合が多いです。

とはいえ、細かく見ると、割引額以外にも対象となるエリアやポイントサービス、電気料金などの利用条件やサービス内容にはそれぞれ異なる部分があるため、それについても以下に少し詳しく見ていきます。

 

対象エリア

電力供給エリアは中部電力・東京ガスともほぼ同様と思われますが、東京ガスの電力供給エリアにはガス供給の対象エリアになっていないところがあります。

「東京ガストリプル割」を適用するには、東京ガスの「ガス・電気セット割」をあらかじめ適用している必要があるため、東京ガスの電気・ガス供給エリア両方に該当していることが必要です。

東京ガスの電気供給エリア

東京ガスの都市ガス供給エリア

 

電気料金

次に電気料金についてですが、東京ガスの電力・「カテエネプラン for BIGLOBE」は、それぞれ電気料金の基本料金や電気量料金が異なるため、料金体系やどんな人に適しているかを見ていきます。

 

東京ガス

まず東京電力の電気料金と比較した場合ですが、東京電力の従量電灯Bに相当する「ずっとも電気1」というプランの契約では30A以上の基本料金は同じ」ですが「電気量料金の単価は使用量が多いほど割安になる」というメリットがあります。

また、ビッグローブ光とのトリプル割を適用する場合については、東京ガスの電気・ガスをセットで利用することが前提となるため、セット割により基本料金が月額280円割引になります。さらにビッグローブ光とのトリプル割にするとBIGLOBEの利用料金が200円~300円割引されることになります。

ただし、東京電力と比べ電気の使用量が多いほどお得なサービスになっているため、例えば一人暮らしなどで電気の使用量が少ない場合では、逆に電気料金が上がる可能性があります。

例えば東京ガスホームページより従量電灯B 30A 年間1456kWhの利用という条件でシュミレーションしてみると、従量電灯Bと比べて年間の電気代1,500円程上がる結果となりました。ただ上記の使用量の場合であれば、まだ「光☆SIM電気トリプル割」にした場合は割引額のほうが大きくなり、また電気料金に対するポイント付与があることを考慮すればお得になるといえそうです。

 

カテエネプラン for BIGLOBE

カテエネプラン for BIGLOBEについては、東京電力従量電灯Bと比べた場合、基本料金が10A相当につき18円お得になっていることに加えて、電力量料金についても割安に設定されているため使用量が多いほど割安となるようになっています。

また単身世帯などの、世帯人数が多く使用量が多い場合以外でも、従量電灯Bと比べると割安になるケースもあるため、セット割の割引額と併せると比較的メリットが大きいといえます。

 

ポイントサービス

それでは、次にポイントサービスの違いについて見ていきます。

東京ガス・「カテエネプラン for BIGLOBE」のどちらを適用した場合にも、Web会員になることでポイントを貯められることは上述していますが、ポイントの貯め方や利用できる会員サービスにはそれぞれ特徴があります。

 

カテエネポイント(中部電力)

中部電力が運営する「カテエネ」というWeb会員サービスがあります。

カテエネは無料で誰でも会員登録が可能ですが、電気の契約情報を登録するとポイント会員になることが可能となっています。

(なお、会員登録のみであれば誰でもできますが、電気契約がないとポイント会員にはなれません)

ただし、ポイントは電気料金に対しては付与されず、入会時の特典や、会員サイトのコンテンツ閲覧、アンケートへの回答などでポイントを貯められるようになっています。

なお、貯めたポイントはTポイントやJALマイルなどへの交換や電気料金の支払いなどに使用することが可能です。

 

パッチョポイント(東京ガス)

東京ガスには、Web会員サービス「my TOKYOGAS」があります。

「ずっとも電気1」(従量電灯Bに相当)「ずっとも電気2」(従量電灯Cに相当)という契約がある場合、「my TOYOGAS」に登録すると、電気料金に連動したポイント(パッチョポイント)を貯めることができるようになっています。

「my TOKYOGAS」に登録をすると、電気やガスの使用量や料金がWeb上からグラフなどで確認できるほか、会員限定のコンテンツ閲覧などの特典が受けられたり、貯めたポイントを他のポイントに交換することが可能になります。

貯めたパッチョポイントは東京ガスの電気やガス料金へ充当することはできませんが、「楽天スーパーポイント」「Tポイント」「dポイント」「Ponta」「Waonポイント」といった他のポイントサービスと1対1の割合で交換することが可能になっています。

 

まとめ

以上、ビッグローブ光とのセット割・トリプル割が適用可能な電力サービスについてまとめました。

ビッグローブ光と電力とのセット割・トリプル割には、東京ガスの「東京ガストリプル割」、ビッグローブが販売している電力サービス「カテエネプラン for BIGLOBE」の「光☆でんきセット割」「光☆SIMでんきトリプル割」の3つがありますが、それぞれ割引額や対応しているエリア・サービスが異なります。

単純にBIGLOBEの割引額で考えるならば、BIGLOBE SIMを利用していれば「光☆SIMでんきトリプル割」、SIMの利用がないならば「東京ガストリプル割」を適用するのが良いといえますが、電気の使用量によっては割引を含めても割高になる場合もありますので、電気料金がどの程度になるかなどの他の条件を含めて考えていく必要があります。

また、それぞれのサービスにはWeb会員になることによる特典や、付与されるポイントがあるため、それらの特典に魅力を感じるかどうかも基準の一つにすると良さそうです。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング