「andline光」サービス特徴・利用料金・ドコモ光との違いなどのまとめ

2017年8月25日

【この記事の所要時間:約 4 分】

株式会社アイキューブ・マーケティングが提供する光インターネットサービス「andline光」のサービス特徴や利用料金、またドコモ光タイプAプランとの違いなどについてまとめました。

 

スポンサーリンク

andline光とは?

NTT東日本・西日本による光ファイバーの卸売を受け、株式会社アイキューブ・マーケティングが提供する最大1Gbpsの光インターネット接続サービスです。

同社の運営するプロバイダサービスと光回線をセットで利用することができます。

 

サービス特徴

サービスの主な特徴としては、下記のような点があります。

 

フレッツ光オプションの利用

光インターネットに加えて、ひかり電話・フレッツ・テレビ・リモートサポートサービスに相当するサービスが提供されており、フレッツ光から切り替える場合にはインターネットと併せて転用して利用することが可能になります。

また転用時にはNTT西日本のセキュリティ対策ツールを継続して利用することが可能ですが、複数ライセンスを利用する場合には、フレッツ光と同様にNTT西日本と契約して「セキュリティ機能ライセンス・プラス」(有料)を利用することができます。

 

 

有料オプションサービス

上記以外にも、パソコンや携帯電話などの修理代金を年間最大5万円まで補償する補償サービスや容量無制限のクラウドサービスなどのオプションを別途有料で利用することができるようになっています。

 

ドコモ光タイプAプランとの違い

andlineはドコモ光のタイプAプランの対応プロバイダとなっており、両者のサービスを組み合わせて利用することも可能です。

その場合は、総合セキュリティソフトが12か月間無料、また「Wi-Fiルーター」「スマートフォン対応プリンタ」「スマートフォン対応イヤホン」「モバイルバッテリー」からいずれか一つを無償でレンタルできるサービスに申し込みが可能となっているほか、ドコモの携帯電話とインターネットとのセット割を適用することができるといったメリットがあります。

またひかり電話やフレッツ・テレビといったフレッツ光オプションに相当するサービスについては、ドコモから提供されるサービスとして利用することが可能となります。

 

 

導入や利用にかかる費用・料金

サービスの新規開通・転用にかかる初期費用、および月額料金は以下のようになっています。(このページに記載している金額はすべて税抜きで表記しています)

 

初期費用

事務手数料 3,980円

 

月額料金

建物基本料金
戸建て(戸建てプラン)5,700円
マンション(集合住宅向けプラン)4,450円

※月額料金は最大通信速度や集合住宅の契約数によっても変わってきますが、契約期間は2年間とされており、契約満了月以外の解約には20,000円の違約金がかかります。

 

まとめ

andline光は同社のプロバイダサービスとNTTが卸提供する光回線を一本化してまとめて利用することができるサービスです。

同プロバイダの会員でフレッツ光よりもシンプルな契約且つ割安な料金でインターネットを使いたいという場合には転用すると良いかと思われますが、契約期間中に解約した場合の違約金が比較的高めになっているため、事前にその点に留意した上で利用すると良さそうです。

また同社のプロバイダはドコモ光タイプAプランの対応プロバイダとなっており、両者のサービスを組み合わせて利用することも可能となっています。

その場合には、ドコモの携帯電話とのセット割が適用されることや永年無料のレンタルオプションがあるなどお得な点が多いですが、通信速度に関しては一部遅いという声も見られているので、気になる場合には評判を事前に確認して納得した上で検討することをおすすめします。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング

その他

Posted by 郁海