「ビック光(IIJmioひかり・OCN光)」のサービス特徴・利用料金などのまとめ

【この記事の所要時間:約 5 分】

ビックカメラグループで申し込みが可能な光インターネット接続サービス「ビック光 Powered by IIJ」と「ビック光 Powered by OCN」について、サービス特徴や利用料金などについてまとめました。

 

スポンサーリンク

ビック光とは?

NTT東日本・西日本のエリアに対応した光回線と、「IIJ」または「OCN」によるプロバイダサービスを組み合わせた最大およそ1Gbpsの光インターネット接続サービスで、ックカメラグループ(ビックカメラ・コジマ・ソフマップ)の各取扱店舗で申し込みが可能となっています。

なお、それぞれのサービスは「IIJmioひかり」「OCN光」のプランの一つとして提供されており、利用にかかる初期費用や月額料金などはほとんどそれぞれのサービスと同じようになっています。

 

 

サービス特徴

サービスの主な特徴としては、下記のような点があります。

 

モバイルとのセット割

ビック光は、IIJが提供している格安SIMサービス(IIJmio 高速モバイル/Dサービス)やビックカメラグループの名称で販売している「BIC SIM」「BIC モバイル ONE」とのセット割があります。

まず、IIJが提供するモバイルSIMサービス「IIJmio 高速モバイル/Dサービス」または「BIC SIM」と同一IDでビック光を契約した場合には、「mio割」(セット割)により合計の月額料金から毎月600円が割引になります。

また「BIC モバイル ONE」と同一住所でセット利用すると、月額料金が毎月200円、最大で5契約1,000円まで適用可能となるOCN光 モバイルセット割に申し込むことが可能です。

 

フレッツ光オプションの利用

ひかり電話・フレッツ・テレビ・リモートサポートサービスに相当するサービスは、ビック光においては直接適用されていませんが、それらを利用したい場合には、NTT東日本・西日本と契約することで利用することが可能になります。

(IIJmioひかりはひかり電話、OCN光からはひかり電話、フレッツ・テレビ、リモートサポートサービスに相当するサービスが直接提供されています)

 

 

安心サポート

「ビック光 Powered by IIJ」を店頭で契約する際には、オプションとして、(同時購入や買い替えした)パソコンやタブレットまたメールソフト・ウイルス対策ソフトなどの設定や、トラブル診断などのサービスが受けられる「安心サポート」に申し込むことができるようになっています。

 

 

導入や利用にかかる費用・料金

サービスの新規開通・転用にかかる初期費用、および月額料金は以下のようになっています。(このページに記載している金額はすべて税抜きで表記しています)

 

ビック光(IIJ)

まず、ビック光 Powered by IIJの初期費用・月額料金です。

料金体系はフレッツ光とは異なり「ファミリータイプ」「マンションタイプ」の2種類となります。料金は比較的割安なことに加えて、最低利用期間経過後はいつでも違約金なしで解約が可能になるなど、縛りが強くないことがメリットとして挙げられます。

初期費用

建物契約事務手数料工事費
新規800円2,000~18,000円
転用1,800円

※フレッツ光からの転用には、タイプ変更などの場合を除き工事費はかかりません。

月額料金

建物基本料金
戸建て(ファミリータイプ)4,960円
マンション(マンションタイプ)3,960円

※最低利用期間は24ヶ月で、期間内の解約には違約金5,000円(不課税)がかかります。

 

ビック光(OCN)

次に、「ビック光 Powered by OCN」の初期費用・月額料金です。

同様に料金体系は「ファミリータイプ」「マンションタイプ」の2種類となります。2年契約の割引を付けることで月額料金が標準料金よりも割安になりますが、契約更新月(25・26ヶ月目)以外の解約には違約金が発生します。

初期費用

契約事務手数料工事費
新規3,000円2,000円~18,000円
転用3,000円

月額料金

標準月額費用2年自動更新型割引適用後
戸建て(ファミリータイプ)6,200円5,100円
マンション(マンションタイプ)4,700円3,600円

※通信速度は1G・200MB・100MBのメニューがありますが、月額料金は速度に関わらず同じです。
※2年自動更新型割引を適用した場合は、更新月以外の解約には違約金11,000円(不課税)が発生します

 

まとめ

ビック光は提供されるサービスや利用料金などは「IIJmioひかり」や「OCN光」とほぼ同じものですが、ビックカメラグループの各取扱店で申込が可能になっているところやさまざまなサポートが受けられる「安心サポート」をオプションとして付けることが可能(IIJのみ)といったところが特徴といえます。

(ただし「IIJmioひかり」や「OCN光」とは異なる点として、ビック光ではひかり電話などのフレッツ光オプションに相当するサービスが直接提供されていないため、利用する場合にはNTT東日本もしくは西日本との契約が必要となります)

ビックカメラグループでパソコンなどの購入と一緒に契約をするといったことが可能なため、インターネットの乗り換えや新設、またビックカメラグループでパソコンの買い換えなどを考えている場合に利用を検討してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング