「UBC 光」のサービス特徴・利用料金まとめ

【この記事の所要時間:約 3 分】

山梨県上野原市に本社を置くケーブルテレビ局、株式会社上野原ブロードバンドコミュニケーションズが提供する光インターネットサービス「UBC 光」の特徴や料金などについてまとめました。

 

UBC 光とは?

NTT東日本による光ファイバーの卸売を活用したジャパンケーブルキャスト株式会社の「コラボプラットフォームサービス」を利用して、株式会社上野原ブロードバンドコミュニケーションズが提供する100Mb~最大1Gbpsの光インターネット接続サービスです。

利用可能なエリアは、山梨県上野原市、大月市、都留市、神奈川県旧相模湖町、旧藤野町におけるNTT東日本フレッツ光ネクスト提供エリアとなります。

プロバイダサービスとセットで提供されていますが、希望のプロバイダを選択して利用することも可能になっています。

 

サービス特徴

サービスの主な特徴としては、下記のような点があります。

 

 

地域密着型のサービス

UBC(上野原ブロードバンドコミュニケーションズ)は、山梨県上野原市を中心にサービスを展開するケーブルテレビ局です。ケーブルテレビ局としての特徴を活かした地域密着のサービスを受けることができます。

 

オプション

UBS光では、NTT東日本のひかり電話やひかり電話A(エース)に相当するサービスとして、「UBCひかり電話」が月額500円、「UBCひかり電話プラス」が月額1,500円で提供されています。NTTと変わらない月額料金や通話料金で固定電話サービスを利用することができます。

 

導入や利用にかかる費用・料金

サービスの新規開通・転用にかかる初期費用、および月額料金は以下のようになっています。(このページに記載している金額はすべて税抜きで表記しています)

 

初期費用

契約事務手数料

新規 800円
転用 1,800円

 

月額料金

建物回線利用料プロバイダ込み
戸建住宅4,250円4,950円
集合住宅3,500円4,200円

※上記は2年割プランを適用した場合の料金となります。

 

まとめ

UBC光は対応エリアが限られますが、地元ケーブルテレビ局が提供する光インターネットサービスとして、地域密着のサービス受けられることが特徴です。

料金面でみるとそれほど割安感は高くありませんが、フレッツ光で1Gbpsを使っている場合にはUBC光に転用することで月額料金が安くなる可能性もあります。

ただしUBC光は、100Mb、200Mbで利用する場合でも1Gbpsと変わらない利用料金に設定されているため、場合によっては転用すると料金が高くなる可能性があります。転用を検討する場合は、事前にその点を確認しておくと良さそうです。

広告

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング