「Tiki光コラボ」のサービス特徴・利用料金・セット割・ドコモ光との違いまとめ

2018年2月19日

【この記事の所要時間:約 4 分】

この記事では、TikiTikiインターネットが提供する「Tiki光コラボ」の利用を検討する際にポイントとして抑えておきたい、主なサービスの特徴や利用料金などについてまとめました。

 

Tiki光コラボとは?

NTT東日本・西日本による光ファイバーの卸売を受け、株式会社エヌディエスが提供する通信速度最大1Gbpsの光インターネットサービスです。

同社の運営する「TikiTikiインターネット」によるインターネットサービスと光回線をセットで利用することができます。

 

サービス特徴

サービスの主な特徴としては、下記のような点が挙げられます。

 

格安SIMとのセット割

キャンペーンにより、同社の格安通信サービス「Tikimo SIM」と併用すると、SIMの基本料金が割引になるセット割が提供されています。

所定の条件を満たし割引が適用された場合には、SIM1契約で200円の割引(最大でSIM2契約400円まで)を受けることが可能となっています。

 

 

フレッツ光オプションの利用

光コラボによるインターネットに加えて、ひかり電話やフレッツ・テレビ、リモートサポートサービスに相当するサービスが提供されています。

そのため、フレッツ光から切り替える場合にはインターネットと併せて転用して利用することができます。

ただし、NTT西日本で標準提供されている「セキュリティ対策ツール」は転用後に使用することができなくなるため、利用を希望する場合には有料で「セキュリティ機能ライセンス・プラス」へ申し込みをする必要があります。

 

 

ドコモ光タイプAプランとの違い

TikiTikiインターネットは、ドコモ光タイプAプランの対応プロバイダとなっているため、両者のサービスを組み合わせて利用する(つまり、ドコモ光のタイプAプランに契約してプロバイダにTikiTikiインターネットを選択する)ことも可能です。

その場合は一見月額料金が割高となりますが、ドコモの携帯電話とインターネットとのセット割を適用することができるといったメリットがあります。

またひかり電話やフレッツ・テレビといったフレッツ光オプションに相当するサービスについては、ドコモから提供されるサービスとして利用することが可能です。

 

 

導入や利用にかかる費用・料金

サービスの新規開通・転用にかかる初期費用、および月額料金は以下のようになっています。(このページに記載している金額はすべて税抜きで表記しています)

 

初期費用

契約料工事費
新規2,000円2,000円~18,000円
転用2,000円0円~18,000円
転用時は基本的に工事費はかかりませんが、回線の種類の変更がある場合など工事費が発生する場合があります。また、時期により契約事務手数料や新規開通工事費が無料もしくは割引になるキャンペーンが実施され、実質的に上記の金額よりも割安に利用を開始できる場合もあります。

 

月額料金

 建物利用料金(24ヶ月契約)最低利用期間なしプラン
戸建4,800円5,800円
マンション3,800円4,800円
定期契約の場合には2年単位での契約となり、それ以降は解約を申し出なければ自動で契約期間が更新されます。そして、満了月以外に解約をすると契約解除料(9,800円)が発生することに注意が必要です。

 

 

まとめ

以上、Tiki光コラボの主なサービス特徴、利用料金、ドコモ光との違いについてまとめました。

Tiki光コラボはプロバイダサービスと光回線がセットで提供されており、フレッツ光から転用する場合には、それまで別々だった光回線とプロバイダ契約を一本化することができます。

また、2年契約で利用すると割安な月額料金で利用でき、格安SIMとのセット割も提供されているため、フレッツ光から転用して通信料金を安くしたい、SIMとインターネットの契約をまとめてお得に利用したいなどの場合に検討してみると良いかもしれません。(ただし、「セキュリティ対策ツール」に対応していないため、フレッツ光からの転用する場合には注意が必要です)

そして、同プロバイダはドコモ光タイプAプランに対応しており、携帯電話にドコモのサービスを利用している(もしくは今後利用する)場合には、そちらを利用するほうが月額料金・初期費用ともにさらに割安な料金で利用できる可能性もあります。その場合には、個々の状況に応じてどちらが適しているか比較した上で検討してみると良さそうです。

広告

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング