「プラチナ光」のサービス特徴・利用料金などのまとめ

2017年11月28日

【この記事の所要時間:約 3 分】

この記事では、テレ・マーカーが提供する光インターネットサービス「プラチナ光」について、サービス特徴や利用料金など、利用を考える時にポイントとなる点をまとめました。

 

広告

プラチナ光とは?

NTT東日本・西日本による光ファイバーの卸売を受け、株式会社テレ・マーカーが提供する最大通信速度1Gbpsの光インターネットサービスです。

 

サービス特徴

サービスの主な特徴としては、下記のような点があります。

 

プラン展開

プラチナ光は、光回線を提供する定額制・2段階定額プラン(「スタンダード」)、また光回線とカタログギフトサービスがセットになったプランや「カタログギフトセット」、光回線とプロバイダサービスがセットになったプラン「プラチナネットプラン」が提供されています。

上記の中でもカタログギフトがセットになったプランは他社では見かけないめずらしいサービスですが、毎月の利用に合わせてポイントを貯めることができるようになっており、その貯めた分のポイントを使ってカタログギフトの道産商品と引き換えることができるというものになっています。

 

有料オプション

プラチナ光には、インターネットと併せて、ウイルス感染したパソコンの修理代金が最大10万円まで保証される「あんしん保証サービス」、端末保障・パソコンの無料引き取りサービスなど5つのサービスがパックになった「プラチナあんしんパック」といったオプションサービスを付加することができるようになっています。

 

フレッツ光オプションの利用

上記に加えて、NTT東日本・西日本の「ひかり電話・フレッツ・テレビ・リモートサポートサービス」に相当するサービスが提供されているため、フレッツ光から転用する場合には、それらのサービスも含めて転用することが可能です。

 

 

導入や利用にかかる費用・料金

サービスの新規開通・転用にかかる初期費用、および月額料金は以下のようになっています。(このページに記載している金額はすべて税抜きで表記しています)

 

初期費用

契約事務手数料 (転用の場合 ~3,000円)

新規開通などにかかる工事費

 

 

月額料金

建物光回線のみ光回線+カタログギフト光回線+プロバイダ
戸建て4,000円4,000円4,800円
マンション3,000円3,000円3,800円
利用には24ヶ月間の最低利用期間が定められており、それ以内に解約する場合には20,000円の解約金が必要とされています。

 

 

まとめ

プラチナ光には、一般的な定額制のプラン、2段階定額プラン、プロバイダとのセット、カタログギフトとのセットなど、複数のプランが用意されています。

いずれも比較的月額料金は安く設定されており、またプロバイダの有無も選択することができるため、フレッツ光から転用する場合には「(場合により)それまでよりも利用料金が安くなる」「プロバイダを変えずに転用できる」「ポイントを貯めるとカタログギフトの商品との交換ができる」といったことがメリットになる点として挙げられます。

ただし最低利用期間が定められていて、それ以内に解約をすると高額な違約金が発生するため、あらかじめ留意しておくと良さそうです。

またサービスについて検索をすると、いろいろと営業や勧誘についての良くない評判も見られますが、実際に使用している人の声によると特に問題なく利用できており使い勝手は悪くないようです。

もし利用を考える場合には、そうしたメリット・デメリットを踏まえて現状の内容と比較しながら検討してみると良いかもしれません。

広告

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング