広告

その他 参考情報

光コラボレーション事業者のサービスに新規契約する、またはフレッツ光から転用して利用するには工事が必要な場合があります。

この工事にかかる費用は、フレッツ光のように工事の内容や日時といった条件によっても変わってきますが、「料 ...

転用

フレッツから光コラボレーション事業者へ転用するには「フレッツ光よりも料金が割安になる」「各種セット割が適用できる」などのメリットがありますが、それと同時に、「フレッツ光で使っていたオプションサービスが使えなくなる場合がある」「フレッツ ...

その他 参考情報

光コラボレーション事業者のサービスは、プロバイダと光回線がセットで提供されていることがほとんどです。

この場合には契約を一本化できるメリットがありますが、もし途中でプロバイダを変えたいと希望することがあった時にはセット利用 ...

広告

その他 参考情報

NTTドコモの携帯電話回線契約がある場合には、その回線契約をドコモ光の「ペア回線」として設定することができます。

そして、「ペア回線」を設定すると「パケットパックとのセット割を受けることができる」などメリットとなる点がいく ...

フレッツ光オプション

フレッツ光と合わせて利用可能なオプションの一つに「リモートサポートサービス」があります。

リモートサポートサービスは、基本料金月額500円でインターネット接続の設定などに関する電話・遠隔でのサポートを受けられるサービスです ...

その他 参考情報

フレッツ光にはいくつか種類がありますが、どれだけ使っても料金が変わらない定額制の「フレッツ光ネクスト」に対して、2段階定額制の「フレッツ光ライト」「フレッツ光ライトプラス」といったサービスがあります。

2段階定額制のサービ ...

広告