「IIJmioひかり」のサービス特徴・利用料金などのまとめ

2017年12月26日

【この記事の所要時間:約 4 分】

この記事では、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する光インターネット接続サービス「IIJmioひかり」を検討する際にポイントとして抑えておきたい、サービス特徴や利用料金についてまとめました。

IIJmioひかりとは?

NTT東日本・西日本による光ファイバーの卸売を受け、IIJが提供する提供する最大1Gbpsの光インターネット接続サービスです。

光回線とIIJmioによるプロバイダサービスをセットで利用することができるようになっています。

 

サービス特徴

まず、サービスの主な特徴としては下記のような点が挙げられます。

 

格安SIMとのセット割

IIJの提供する格安SIMサービスと同じIDを利用してIIJmioひかりを同時に利用すると月額料金が割引になるセット割(mio割)が提供されています。

セット割が適用された場合には、IIJmioひかり・SIMそれぞれ1回線ずつをセットとして、利用料金から600円の割引が受けられます。

(「BIC SIM」などのパッケージを経由した契約も対象となります)

 

 

フレッツ光オプションの利用

IIJmioひかりのオプションとして、NTTのひかり電話に相当するオプションサービスが提供されています。そのため、フレッツ光から切り替える場合にはインターネットと併せて転用して利用することが可能で、「光回線・プロバイダ・ひかり電話」の契約をIIJでまとめることができます。

ただし転用時を含めNTT西日本のセキュリティ対策ツールのライセンスは標準利用できないため、希望する場合にはNTT西日本の「セキュリティ機能ライセンス・プラス」(有料)に申し込む必要があります。

 

 

IPoEオプション

上記以外のオプションとして、IPv6 IPoE接続が可能になる「IPoEオプション」が提供されています。

このサービスはIPv6接続と併せて「DS-Lite対応端末を利用したIPv4接続」や「PPPoE方式によるIPv4接続」も可能となっているため、両方の接続環境を利用することができるようになります。

(ただし、IPv6 PPPoE接続は利用できなくなります)

 

導入や利用にかかる費用・料金

サービスの新規開通や転用にかかる初期費用および月額料金は以下のようになっています。(このページに記載している金額はすべて税抜きで表記しています)

 

初期費用

初期費用工事費
新規800円2,000円~18,000円
転用1,800円

 

 

月額料金

建物基本料金
戸建て(ファミリータイプ)4,960円
集合住宅(マンションタイプ)3,960円
なお、利用開始月が月途中の場合には月額料金は日割り計算されます。また最低利用期間は24ヶ月で、期間内の解約には違約金5,000円(不課税)がかかります。ただしそれ以降は利用期間の制約がなくいつでも解約することが可能とされています。

 

 

まとめ

以上、IIJmioひかりのサービス特徴や利用料金についてまとめました。

IIJmioひかりは通信品質が安定していると利用者からの評判も良いサービスですが、プロバイダ料込みの割安な利用料金やSIMとのセット割が適用された場合の割引額が600円と、料金面でのメリットも大きいです。

(ちなみに他社で提供されている光回線とSIMのセット割は、SIM1回線につき200円程度に設定されていることが多いです。ただしこれらの場合、複数回線の契約があれば回線分の割引適用が可能になったりもしますが、1回線しか使わない場合には割引額が大きい方がお得になります)

また最低利用期間内に解約した場合の違約金が安価であることや、それ以降契約期間の縛りがなく解約が自由にできることを含めると、さまざまな点で利用しやすいサービスといえそうです。

ただし提供されているオプションが比較的少ないため、希望があればNTTと契約をしてフレッツ光オプションを利用するといったことを検討する必要があります。

広告

ブログランキング参加中です!
にほんブログ村 ネットブログ ネット情報へ
にほんブログ村

ネットサービスランキング