広告

解約にあたっての注意点

光コラボの契約では、「最低利用期間が2年間」「24ヶ月間の利用を前提とした定期契約」といったように、2年間が契約においての一つの区切りとなっている場合が多くあります。

といっても、必ずしもその期間が満了するまで利用を継続す ...

解約にあたっての注意点

光コラボレーション事業者のサービスを利用する際に、たとえば「フレッツ光から転用するにあたってプロバイダが変更になる」もしくは「(回線とプロバイダを別に契約している場合)プロバイダのみを他社に変更する」「回線を含めてインターネットに関す ...

広告

解約にあたっての注意点

今回は、「フレッツ光から光コラボレーション事業者への転用」や「光コラボレーション事業者から他サービスへの乗り換え」に伴ってプロバイダの変更が必要になるという場合に、もともと利用していたプロバイダの解約にあたって発生するメールアドレス利 ...

解約にあたっての注意点

ドコモ光を利用する場合は、光回線とプロバイダがセットになったタイプA・タイプBプラン、もしくはセットプランに対応していないプロバイダも組み合わせられる単独プランから選ぶことができます。

それらのプランは大手プロバイダや地域 ...

解約にあたっての注意点

光コラボのサービス申し込みをするにあたって、「初期契約解除」に関する案内を目にすることがあるかもしれません。

初期契約解除は2016年5月21日の電気事業法改正で「説明義務の充実」や「書面交付義務」と併せて導入された制度で ...

広告